C&A鍼灸療法

C&A鍼灸療法は東洋医学だけでなく西洋医学の理論も取り入れた新しい理論に基づいて
確立された療法です。

皆さんは押されたり擦られたりすると気持ちよく感じたことがありませんか?
これは皮膚の刺激が身体の内部、特に脳に伝わり反応を起こしてこのように感じるのです。
鍼(はり)はこの原理を利用することで身体が本来持っている治癒力を高めるのです。


 

ご存知のように人間の身体には
「つぼ」と呼ばれるポイントがあります。
この「つぼ」は「経絡(けいらく)」とも呼ばれるもので結ばれています。
これは鉄道と線路のような関係です。この「経絡」の上の「つぼ」に鍼を施すことにより、 身体の中に様々な反応を起こさせるのです。


例えば、膝の外側にある胃の「つぼ」である「足三里」に鍼を施すことにより、下垂していた胃が上昇したという実験レポートがあります。
胃とはかけ離れたところに鍼を施すことによりこのような現象がおこるのです。
鍼は内臓機能を活発にする以外にも、自律神経のバランスを整えることにより収縮した血管を広げ
血液の巡りを良くし、緊張した筋肉を解きほぐす等の効果があります。
また、「つぼ」の場所によりその効果は局所から全身までと大きく変わります。
このような、様々な反応が起こることにより、身体のバランスを正常にしていくのです。

言い換えれば、人間が本来持っている自己免疫力が最大限に発揮できるのです。

C&A鍼灸療法で使う鍼は注射に使う針に比べるとはるかに細く、注射の時のような痛みはまったくありません。
また、安全面でも使い捨ての鍼を使用していますので清潔で感染症などの心配もありません。